乱交

出会い系 セックス依存症
 僕が出会い系サイトを始めたのは、「乱交」という響きに憧れてことでした。しかし、乱交などというのは中々実現の難しいものです。
 一方、出会い系サイトで知り合った女性とセックスするのはそこまで難しい話ではない。普通に振舞って、普通にセックスしようとすれば、それなりの確率でエッチできますから。

 だから僕はそんな当初の意気……つまり乱交がやってみたい、などという気持ちは忘れていました。
 しかしある日、出会い系サイトで知り合い、一度セックスした女の子からこんなメールが入ります。

「今度、友達連れてくるから皆で遊ぼーよ」

 彼女は女の子を二人連れてくるという。つまり女性は三人。
 僕が男を二人連れて行けば三対三です。

 僕は、

「じゃあ、みんなで僕の家で飲もうか」

 と返信します。

 当日、彼女の連れてきた女の子達は、まあ並といった所。
 僕の連れてきた男もそんなにイケメンとはいえないのでまあ文句は言えません。

 最初はチビチビ飲みながら、だべっていたのだけど、少しづつ酔いが回り行く頃。

「じゃー、王様ゲームね」

 と宣言する僕。

「えー」
 とか
「ヒューヒュー」
 などと反応はまちまちだが、結局は王様ゲームをすることになります。

 最初のうちの命令は、ごく単調なものでしたが、次第に

「パンツを脱ぐ」
 とか
「チューする」

 というような命令が織り交ざります。
 それらは男性がまず率先して行う。キスの場合、男どおしで行うことすらありました。
 そんな中、

「5番が1番の乳首を舐める」

 という命令で、場の空気が一変したように思います。

 5番は女の子で、1番は男でしたが、これはどこか淫靡な様相があり、部屋の空気が変わった。
 酔いも回ってきたのか、次第に各々でキスをしたり、フェラチオをしたり、服を脱いだりする。

 僕は、出会い系で知り合って元々セックスしていた女の子とセックスをはじめます。
 すると、他でもセックスを始めるやつが出てくる。さらには、相手を交換したりまでするのです。

 僕はふと正気の頭で彼らを眺め、自分が乱交を演出していることへの満足感に浸りました。
出会いアプリ
セフレ探し